車検

車検価格について

輸入車の車検価格について

お車のご購入時に、よく聞かれる内容に「外車って車検代が高くないのですか?」

と、よく聞かれます。その答えは「NO!」です。通常の場合、国産車とそれほどかわりません。唯一、高いのはエンジンオイルです。メルセデスベンツなどで排気量が大きい車では約9リットルほど入ります。オイル代は、国産車の2倍位かかります。

ただ、年間走行距離が1万キロ未満のお客さまでは、ランニングコストとしてはそれほど大きな違いにはならないと思います。それ以外は、国産車とほぼ同じか少しだけ高い位です。では、なぜお客様が外車の車検は高いと思われているかと言うと正規ディーラーでの価格を思われているからです。

ちなみにメルセデス・ベンツのE320(W211型)の場合

車検基本料:45,360円
エンジン/シャシ洗浄:7,560円
検査計測費用:14,040円
車検代行費用:16,200円
合計:83,160円(重量税、自賠責保険、印紙代除く)

ベネフルの場合

車検基本料:23,760円
検査計測費用:3,240円
車検代行料:16,200円
合計:43,200円(重量税、自賠責保険、印紙代除く)

車検基本費用は、ほぼ半額です。
勿論、内容は正規ディーラーと遜色のない点検をきっちりさせていただきます。
また、車検のお見積りは無料です。
ぜひ、ご来店頂きお見積りをご覧いただいて、比較検討して頂きたく思います。
お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

車検時の交換部品について

最近お問い合わせが多い車検時の消耗品についてご説明いたします。

ワイパーブレード

フロントガラスの汚れをふき取ります。雨の日に拭き残しが出だしたら交換時期です。 交換サイクルは、1年を目安にしてください。 輸入車の場合、大半がブレード本体の交換になります。(ゴムだけの部品設定は、無い場合がほとんどです。)

エンジンオイル/オイルフィルター

エンジンを摩耗や錆から守ります。最低1年に1回は交換ください。走行距離は、5,000km毎の交換がお勧めです。また、使用するオイルは、100%化学合成油の使用が基本になります。

ブレーキオイル

輸入車は、DOT4という沸点が高いオイルを使用しております。その為、外気の湿度を吸収しやすい為(ブレーキオイルに水分が混じると、沸点が下がりペーパーロック現象が起きやすくなり危険です。)車種により2年に1回、もしくは1年に1回の交換が必要です。 車検時の交換をお勧めしています。
(ペーパーロック とは ドラムブレーキ内のブレーキオイルの入っているシリンダーが使用時の過熱のために 気泡を生じ オイル圧力をかけられなくなり つまり ブレーキペダルをふんでも スカスカになり ブレーキが利かないことです 。)

トランスミッションオイル/フィルター

オートマチックトランスミッションの変速や潤滑、冷却をおこなっています。5~6万キロを目安に定期的に交換されることをお薦めしております。 劣化してきた場合に交換します。但し、オートマチックに不具合が有る場合には、逆効果で滑りなどが起きやすくなりますので、注意が必要です。

エアコンフィルター

車内に入る空気からチリ、埃、排気ガス、ディーゼル粉じんなどを取り除きます。車内にきれいな空気が入るように定期的な交換します。 車検時の交換をお勧めしています。

ブレーキパッド/ブレーキディスクローター

ブレーキをかけるたびに擦り減っていきます。ブレーキダストが出にくい社外品がありますが、ブレーキ鳴きも起こりやすいのでご注意ください。 残量が少なくなった場合に交換します。ブレーキローターの交換目安は、ブレーキパッド交換2回に1回です。

エアークリーナー

エンジンに吸い込む空気の汚れを取り除きます。清掃できれいになる場合もありますし、汚れがひどい場合は交換します。 汚れに応じて交換します。

スパークプラグ

エンジン不調や燃費悪化の原因になりますので定期的に交換します。 劣化している場合に交換します。最近は、白金プラグが主流ですが、輸入車には通常のプラグも使われており、交換目安は60,000km位です。

タイヤ

擦り減ってくるとブレーキの利きや雨天時の制動が悪くなります。内側だけ片減りしている場合もありますのでご注意ください。 擦り減ってきた場合に交換します。
最近は、トレッド面や側面にクラックが入る場合が増えております。クラックが酷くなればバーストの危険が高い為、残り溝が多い場合でも、交換が必要です。

ファンベルト

エンジンの動力を発電やエアコン、パワステに伝える重要な役割を果たしています。プーリーやテンショナーが故障してロックし、ベルトが切れてしまうこともありますので、エンジンルームから普段と違う音がした時は早めにご相談ください。 劣化している場合に交換します。

バッテリー

走行して充電、放電を繰り返すたびに劣化していきます。当店では使用した年数やエンジンのかかり具合だけでなく、使用年数も大きくかかわる為、3年に一度の交換がお勧めです。

上記が、おもな消耗品の一例です。

車検について

ベネフルでは、輸入車の車検(24ヶ月法定点検整備)が、20,520円と他社に比べてかなり、低価格に設定させて頂いております。例えばメルセデスベンツCクラス(W203型C180コンプレッサー)では、車検諸費用込で、94,200円です。今まで、輸入車の車検及びメンテナンスは高いからと思われいるお客様も、当社では安心して、お乗りいただけます。(当社で、購入されていなくても、同価格です。)
また、12ヶ月法定点検は、9,720円とかなり低価格です。いままでは、高いからと受けられていなかったお客様も、是非、当社で1年に一度の健康診断として、受けられてはいかがですか?
それから、車検、法定点検入庫時には無料でコンピューター診断を行い、不具合箇所の特定も行わせていただきます。(但し、対応車種に限ります。)

※ 当社は、メルセデス・ベンツ専用テスターDAS及び各メーカーの診断が出来るランチテック社のテスターX431を完備。国産車から外国車まで幅広くコンピューター診断が可能です。

※ 車検は満了日の1カ月前より受検することが出来ます。気が付けば車検が切れていた等の事がない様に、早めの受検をおすすめいたします。

車検切れでは折角の任意保険も、万一の際、支払われません。

代車について

事前にご予約いただければ、板金や車検、その他を問わず代車を無料で、ご用意させていただきます。

↑PageTop